突破あるのみ!ホークス

mantaWritten by

20141112kanban

 いよいよ今年のプロ野球も、ゴールが見えてきた。
セントラルは、巨人がリーグ優勝を一足先に決めたが、こちらパシフィックは、一触即発の何でもアリな優勝争いとなってしまった。今日からの、対日ハム3連戦で負け越しとなれば引導を渡されてしまう。現在のゲーム差3.5。後ろに続く楽天とは、1ゲームの僅かながらのリードだが、残り試合は楽天の方が多い。まさに、背水の陣。
 栄華を極めた福岡ダイエーホークス時代は、当時の王監督が何度も宙に舞ったが、ソフトバンクホークスになってからは、まだ一度も日本一のフラッグを持ち帰ったことがない。若手台頭が待ち望まれる今のホークスだけど、まだまだベテランの力に頼っているのも事実。いつかは、世代交代の時期が来るわけだから、若手の育成が今のホークスにとっては、最優先課題。今日から始まる、日ハム・楽天との勝負は、今年のホークスの位置付けが決まる「一触即発」の一週間。クライマックスシリーズ3位通過では、ホームの福岡ヤフードームでは、ホークスの応援が出来ない!突破セヨ!ホークス!
鹿児島黒豚 万太